HOME » 採用情報(ドクター)

採用情報(ドクター)

当クリニックは日本生殖医学会 生殖医療専門医 認定研修施設に認定されています。

募集内容

職 種 産婦人科医師(常勤)
職務内容 産婦人科の外来診療、不妊診療、及び病棟診療・分娩・手術・検査等
勤務時間 8:30〜17:00
(但し、週1回の夜診、平日当直2週に3回・土曜日及び休日当直 1ヶ月に1回)
給 与 [年収]
卒後6年以上(産婦人科経験5年以上)1,700万円〜2,100万円
卒後10年以上(産婦人科経験8年以上)2,000万円〜3,000万円

転職をお考えの先生へ

当院で私どもと一緒にスキルアップしてみませんか?
当院で働くと間違いなく実践で役に立つ不妊治療を身につけることができます。何故ならば、当クリニックは一般不妊治療40年、体外受精26年の診療実績があり、生殖医学会認定専門医が2人丁寧に指導いたしますので、初歩からスタートしてエキスパートと言われるまでの実力が身に付きます。

  • クロミッドとhCGだけの治療から抜け出そう!
  • 痛くない子宮卵管造影とは?
  • OHSSを防いで効率的な排卵誘発とは?
  • 体外受精で妊娠率を上げる方法とは?
  • 難治性不妊の人に対する治療とは?
    等、不妊治療において大事なコツが学べます。努力次第で、日本生殖医学会(認定)の生殖医療専門医の資格も取得できます。

また、開業しても役に立つ産科医療の技術を身につけることができます。 当クリニックは自然分娩を基本としていますが、硬膜外麻酔による無痛分娩も行っており、15年間で2500例以上の実績があります。硬膜外麻酔による無痛分娩は産婦さんに喜ばれるほか、緊急時にすぐ帝王切開ができる大きなメリットがあります。医師をはじめ分娩を見守るスタッフも安心です。選択的帝王切開は全例、緊急帝王切開もほとんどが硬膜外麻酔で行います。安全かつ術後の疼痛管理にも優れています。

子宮頸管炎の検査をまめに行い、後期流産、早産の予防に努めています。当直中に呼ばれ20週頃でいきなり胎胞が出ているなどの症例が激減しました。いざという時に役立つ鉗子分娩や残らずに内膜に優しいアウスも習得できます。

当直医と控えの当番医の2人体制で、何かあればすぐ(約5分で)院長もかけつけます。自分一人で怖い思いをすることはありません。また、京都は産科の救急医療体制が充実しており母体搬送や新生児搬送で困ることがほとんどありません。週休2日制で、月1回2連休、年1回1週間程度と3〜4日程度の休暇があります。院長の苦労を本気で分かち合える先生なら、さらに給与をアップします。

是非ともご検討くださいますようお願いいたします。また、お気軽にお問合せください。

ページ上部に戻る

  • 不妊治療・産科・小児科醍醐渡辺クリニック
  • 〒601-1375 京都市伏見区醍醐高畑町30-15
  • TEL 075-571-0226 / FAX 075-572-1484
  • 地下鉄東西線・醍醐駅下車 1番出口を出て南へ徒歩1分
  • 醍醐バスターミナルより南へ徒歩3分駐車場 31台