HOME » 不妊治療 » 不妊症の一般検査

不妊症の一般検査

ホルモン検査

月経周期3~4日目に卵子の発育や排卵に関係するFSH、LH、PRLを測定します。
  この検査によって排卵障害、卵胞発育障害の有無を推定することができます。

高温期中期に子宮内膜の受精卵の着床環境に関係するE2,P4を測定します。
   この検査によって黄体機能が正常化どうかわかります。

下記にホルモン値から分かることについて説明します。

脳下垂体ホルモンの異常

FSH、LHの低値…
脳下垂体から卵巣へ指令が行かないので、卵胞(卵子)が育ちません
FSH、LHの高値…
卵巣の反応が悪く、卵胞が発育しないため脳下垂体から命令がたくさん出ている状態で、卵巣性無月経、早発閉経となる可能性があります。
LHがFSHよりやや高値…
卵胞はたくさんできるのですが、卵巣の皮が硬いために、成熟、排卵に至らない状態です。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に多く見られます。
PRLの高値…
月経が不順になったり、排卵が障害されたりします。
妊娠していないのに母乳がでてしまう方はこの場合が考えらます。

卵巣機能不全

E2の低値…
卵巣から卵子が排卵しなかったり、子宮内膜が厚くならないことがあります。
P4の低値…
子宮内膜が着床に適した状態になりません(黄体機能不全)。

ダブルテスト(GnRH-TRH負荷試験)

FSH、LH、PRLの基準値である月経周期3~5日目に刺激ホルモン剤を投与し、その前後のFSH、LH、PRLの値の変動をみます。
この検査で分かることは、ホルモン分泌のどこに障害があるのか予測することができます。

FSH、LHの値があまり変化しない…下垂体の障害
LHの値のみが高くなる…多嚢胞性卵巣過剰刺激症候群(PCOS)
FSH、LHの値が高くなる…卵巣自体の障害
PRLの値が急激に上昇…*潜在性高プロラクチン血症

潜在性高プロラクチン血症
PRLは日内変動があり、朝に低く、夜に上昇します。この為、日中に測定したPRL値が正常であっても、夜間急激に上昇している場合、排卵障害や黄体機能不全症をおこす原因になることがあります。
これを『潜在性高プロラクチン血症』といいます。
ダブルテストを行って刺激後のPRL値が急激に上昇するとこの病名を疑います。

ヒューナーテスト

排卵期に性生活をもち、性交後10時間以内に当院に来院していただき、頸管粘液(子宮の入り口の粘液)を採取して、頸管粘液中に精子がどのくらい元気に動いているか確かめます。
頸管粘液不全や子宮頸管炎などで頸管粘液が不十分な場合、また粘液は十分でも精子が運動していなかったりすることがあります。
この検査による痛みはありません。当院では、検査後テレビモニターを通して、実際に精子の様子をみてもらいます。

ヒューナーテストの一般的な判定基準値(400倍視野あたりの運動精子数)

15匹以上……妊娠する可能性が高い
5~14匹 ……妊娠は期待できる
4匹以下 ……妊娠する可能性が低い
0匹 …………無精子症や抗精子抗体が疑われる

抗精子抗体とは、精子を異物とみなし、精子の運動を止めてしまう抗体です。そのため、精子が体内に入っても卵までたどり着くことができず、結果として不妊を引き起こしてしまいます。

ただし、1回の検査だけでは、精密性にかけるので、1回目の検査があまり良くなかった場合、さらに1,2回検査をします。

この検査は超音波検査や頸管粘液の状態を見た上で、厳密に排卵日を推定し、排卵とのタイミングを合わせた性生活を行ってもらうため、タイミング治療も併用しており、この検査で妊娠される方もおられます。

  • 不妊治療・産科・小児科醍醐渡辺クリニック
  • 〒601-1375 京都市伏見区醍醐高畑町30-15
  • TEL 075-571-0226 / FAX 075-572-1484
  • 地下鉄東西線・醍醐駅下車 1番出口を出て南へ徒歩1分
  • 醍醐バスターミナルより南へ徒歩3分駐車場 31台