HOME » 不妊治療 » 体外受精

不妊治療

体外受精ってなに?

子宮内膜症や長期不妊の他、卵管の通過性が良くない、精子の数が少ない、不妊の原因が判らないなど、従来の方法では妊娠しなかった方々のための治療法です。
排卵誘発剤による卵胞刺激を行って排卵直前の卵子を採取しシャーレの中で受精させ分割した卵(胚)を子宮内に戻します。
余った受精卵は凍結保存が可能です。

  • 体外受精の実績
  • 体外受精の特徴
  • プロセス・スケジュール
  • 説明会
  • 子宮卵管造影検査
  • 培養室からのメッセージ

当院の体外受精の実績

体外受精での妊娠率は全国トップレベルの実績

醍醐渡辺クリニックは昭和62年より体外受精を始めて、全国でも8番目にスタートした歴史があります。
また、顕微授精では平成7年に双子の赤ちゃんが生れましたが、これは京都府、滋賀県において最初のことです。
その後も技術面で様々な改良を加え、平成13年から妊娠率が飛躍的に向上しました。
現在では体外受精1回あたり30〜45%(40歳未満の方では40%以上)の成績です。

体外受精での妊娠率は全国トップレベルの実績 醍醐渡辺クリニック

しかも、当クリニックではほとんどの方が、他の医療機関で体外受精不成功もしくはタイミング法から人工授精、体外受精へとステップアップされた、いわゆる難治性不妊症の方であることを考えますと、この成績は全国でもトップレベルです。

日本では年間110万人の赤ちゃんが誕生していますが、
この中で2万人以上が体外受精で誕生した赤ちゃんです。

私たちは、必要な方には休日にも診察をしてできるだけ排卵日に合わせたタイミング法や 人工授精を行い多くの方々に妊娠していただいておりますが、これらの方法で妊娠されない場合、排卵された卵子が本当に卵管の中に取り込まれたか、卵管の中で確実に受精したかどうかわからない訳です。
なるべく早く赤ちゃんを望まれる方は、体外受精も選択肢の一つとしてお考えいただきますようご提案いたします。

当院の体外受精の特徴

1.質の良い成熟卵子を採取します
オーダーメイド排卵誘発の発想
ホルモンの状態はひとりひとり微妙に異なります、決まった種類や量の注射をすべての人に同じように投与していては良い成熟卵子はとれません。
私たちは卵胞の大きさをみるだけでなくホルモンの値を慎重に検査、検討し、体外受精を受けられるそれぞれの方に一番適した注射の種類と量を考えて、 最高に良い卵子を成熟させるようにしています。
2.質の良い精子を選別します
赤ちゃんになるために選ばれた精子
通常の体外受精でも、よく泳いでいる精子を集める方法をとっていますが、顕微授精ではさらに特殊な方法でDNAに傷がある精子を除いて一番良い精子を使います。
この方法を始めて妊娠率は1.9倍に向上し、流産率は2/3に低下しました。
3.受精卵(胚)の培養法の改良
ヒトの受精卵専用の培養装置
現在、全国のほとんどの体外受精施設で使われているのは、動物の受精卵を培養するための 培養装置と同じ構造のものです。
ところが、人間の受精卵はとてもデリケートで ちょっとしたpH(ペーハー)の変動でもすぐに傷んでしまいます。
私たちは、平成12年10月より、人間の受精卵専用に開発された培養装置を 用いて大切に培養しています。
この装置は、ご夫婦の受精卵を一人分ずつ個別のボトルで培養するため培養条件が安定しており、また胚の取り違え防止にも役立っています。
4.胚移植法の工夫
妊娠しやすい場所への丁寧な移植
以上3項目の改良で良好な受精卵が育つようになりましたが、最後に胚の移植がスムーズにできなければ、なかなか妊娠に至りません。
胚移植は、子宮内膜を傷つけないために 細くて軟らかいチューブを用いて行います。
ところが子宮の入り口がカーブしていたり、少し入ったところで 凹みがあるために、この移植用チューブが入りにくい方がおられます。
私たちはあらかじめチューブの入りやすさを確認し、入りにくい場合は前もって子宮の入り口を広げる処置を行うことで、子宮の中の一番妊娠しやすい場所へ胚移植できるようになりました。

ページ上部に戻る

  • 不妊治療・産科・小児科醍醐渡辺クリニック
  • 〒601-1375 京都市伏見区醍醐高畑町30-15
  • TEL 075-571-0226 / FAX 075-572-1484
  • 地下鉄東西線・醍醐駅下車 1番出口を出て南へ徒歩1分
  • 醍醐バスターミナルより南へ徒歩3分駐車場 31台